修理とメンテナンス

人形の修理について

1x1.trans 修理・メンテナンス30年程前に祖父母から贈ってもらった節句人形を、昨年生まれた子どもに引き継がせたいと考えています。髪の毛の乱れや顔の汚れがあり、部品も一部壊れて錆びているのですが、修理をするのにどのくらいの費用がかかりますか?

1x1.trans 修理・メンテナンス10年程前の人形は修理や部品交換等が可能な場合が多いですが、それ以前の人形は素材や製法が大きく異なっているため、手直しする程度の修理になる可能性が高くなります。特に頭の交換はできる限りさけ、あるがままの形での補修を心掛けております。費用は状態によって異なりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

人形の保守について

●人形を箱に納める時は、羽根バタキでホコリやゴミをしっかり払い落としましょう。
(ホコリやゴミが人形の顔や衣裳につくと、顔がくもったり、衣裳が褪色したりします)

●人形の顔に手や指が触れるとしみや汚れの原因になる場合がありますので、特に注意しましょう。

●湿気を防ぐため人形を一体づつポリ袋に入れて密封し、新聞紙などですき間をうめて、中の人形が箱の中で動いたりぶつかり合わないようにします。詰め物で人形が型崩れしないように注意してください。

●人形の保存場所は、湿気の少ない納戸や押入れの上段、天袋など、高い場所が適切です。
但し、乾燥しすぎると顔にヒビが入ってしまう事がありますので、時々風通しをすると良いでしょう。

●年に一度、十月ごろのよく晴れた日にカラッとした風にあてて虫干してください。

●五月人形は金具が多く使用されていますので、サビやすいものです。特に金色の部分を素手でさわらないように注意が必要です。(手袋の使用をおすすめします)
万一、汗などがついてしまった時は、乾いたやわらかい布でよく拭き取りましょう。

●防虫材は竹炭の「竹取物語」をお勧め致します。

吉浜人形での保管について

吉浜人形では収納・保存でお困りのお客様の為に、保守・保管サービスを行っております。

詳しくはこちら

1x1.trans 修理・メンテナンス

 

 

1x1.trans 修理・メンテナンス
1x1.trans 修理・メンテナンス

Copyright(c) 2012- 株式会社吉浜人形 All Rights Reserved.