9月, 2013年

伊勢神宮遷宮、お雛様奉納物語

2013-09-30

伊勢神宮の御遷宮に御遷宮の用材の残材を使用した、檜織込親王揃いを製作、
内宮神楽殿へのご奉納を致しました。

1x1.trans 伊勢神宮遷宮、お雛様奉納物語1x1.trans 伊勢神宮遷宮、お雛様奉納物語2013年、伊勢神宮は式年遷宮を迎えます。その準備は5年前から着々と進み、伊勢の地では20年毎に御遷宮の為のお木曳き行事が行われます。

その際の2007年11月17日に伊勢神宮内宮神楽殿へおひなさまの親王揃いを奉納させて頂きました。

御用材の残材の檜を直接おひな様の衣装に織込み、木目をそのまま生かしたおひな様となっております。大変光栄なことであると共に、雛祭りという伝統を伝える場としても非常に有意義な事かと思います。

1x1.trans 伊勢神宮遷宮、お雛様奉納物語都市調査室の高田弘子先生からのご紹介で、三重県二見ヶ浦の「おひなさまめぐりin二見」のイベントに携わった際に、メイン会場であります賓日館でお雛さまの提供・展示をさせて頂いたご縁から、伊勢市の実行委員会の皆様より今回の奉納事業をご提案頂き執り行いました。

おひな様1組を奉納するのに合わせ、計3組を製作し、同様のお人形を「おひなさまめぐりin二見」の三重県伊勢市二見ヶ浦町並びに愛知県高浜市に寄贈させて頂きました。
現在でも、このお雛様は、伊勢神宮内宮、伊勢市二見ヶ浦町、高浜市に飾られます。

Copyright(c) 2012- 株式会社吉浜人形 All Rights Reserved.