11月, 2012年

長い間見守ってくれて「ありがとう!」 節句人形に感謝を伝える、人形供養「めぐり雛」、12月1日(土)に実施

2012-11-29

長い間見守ってくれて「ありがとう!」
節句人形に感謝を伝える、人形供養「めぐり雛」、12月1日(土)に実施

伝統文化の継承に力を入れている吉浜人形(神谷毅社長、本社:愛知県高浜市)では、
節句人形をお持ちなっている方を対象とした、人形供養を12月1日(土)、吉浜人形高浜市・本店慈母観音前にて開催します。

なぜ人形供養が必要なのか

雛人形や五月人形などの節句人形はお子さまの身代わりに災いを祓うお守りです。お子さまの健やかな成長を見守るお守りです。
この事から節句人形は「一人一飾り」とされています。
お子さまの節句人形をお揃えになったら、親御さまの節句人形は長い間見守ってくれた御礼の気持ち、「ありがとう」を込めて供養を行うのが習わしです。
このような節句人形の代替わりを、女の子の雛人形は「めぐり雛」、男の子の五月人形は「新(あらた)の鎧」と呼びます。

節句という日本の貴重な文化の啓蒙の為、是非とも一般の方に広く知って頂きたいと毎年実施し、この度ご案内させて頂きました。
人形供養は吉浜人形ホームページ内でもご案内しております。
http://www.yoshihama.co.jp/main/etc/kuyou/

1x1.trans 長い間見守ってくれて「ありがとう!」 節句人形に感謝を伝える、人形供養「めぐり雛」、12月1日(土)に実施吉浜人形では下記の通り毎年、年3回人形供養を下記日程にて実施しています。

開催日
①毎年12月第1土曜日 人形供養「めぐり雛」
②毎年 2月第1土曜日 人形供養「めぐり雛」
③毎年 5月5日      人形供養「新の鎧」
受付
午前9~11時
場所
吉浜人形高浜市・本店慈母観音前(愛知県高浜市)
供養料
こころざしで頂戴しています。

このプレスリリースに関するお問い合わせは
株式会社吉浜人形
取締役本部広報部長 神谷将文
〒444-1331
愛知県高浜市屋敷町1-5-14
TEL0566-52-2711 FAX0566-52-2711

http://www.yoshihama.co.jp

携帯090-9726-3744 Email masafumi@yoshihama.co.jp

雛人形特選会、本日開店!!

2012-11-23

1x1.trans 雛人形特選会、本日開店!!雛人形特選会、本日開店!!

赤ちゃんが初節句をお迎えになるご家庭へ・・・

1x1.trans 雛人形特選会、本日開店!!吉浜人形の雛人形特選会、本日10時開店です。

吉浜人形各店、多数の雛人形をご用意して、
みなさまのご来店をお待ちしております。

お近くの吉浜人形に是非、お出かけ下さい。

お客様へのご案内

2012-11-18

臨時休業のお知らせ

誠に勝手ながら社員研修の為、高浜市・本店を除く下記店舗、下記日程にてお休みさせて頂きます。
お客様にはご迷惑をお掛け致しますが、お願い申し上げます。

日程 : 11月19日(月)~21日(水)
店舗 : 豊川店、岡崎店、豊田店、春日井店

高浜市・本店は通常通り営業致します。
お客様のご来店お待ちしております。

また、22日(木)より全店通常通り営業致します。

株式会社吉浜人形

日本の伝統文化である正月飾り「羽子板」、「破魔弓」。 その文化啓蒙のため、お祝い頂くお客様にお正月遊びである羽子板、凧をプレゼント致します。

2012-11-09

日本の伝統文化である正月飾り「羽子板」、「破魔弓」。
その文化啓蒙のため、お祝い頂くお客様にお正月遊びである羽子板、凧をプレゼント致します。

赤ちゃんが誕生して初めて迎えるお正月を、初正月と呼ばれているのをご存知でしょうか。

この初正月に健康を祈願して女の子に送るのが羽子板、男の子に送るのが破魔弓です。
「羽子板」と聞いてまず頭に浮かぶのは「羽根つき」ではないでしょうか。室町時代にはこの羽根つきを「胡鬼(こき)の子勝負」といい、正月の年占いとして、末広がりの形をした胡鬼板(羽子板)で胡鬼の子(羽根)をつき、その年の平安を祈願したといわれています。「破魔弓」とは読んで字の如く「弓で魔を破る」という意味があり、室町時代から伝わる「鳴弦(めいげん)」の儀」があります。これは弓の弦を弾き鳴らすことにより魔除け、邪気払いをするという大変意味深い儀式です。

現在、吉浜人形では正月飾り特選会と銘打ち、正月飾りの売出しを行っております。そして、正月飾りを購入頂きましたお客様にお正月遊びである「わたしの羽子板」、「ぼくの凧」のプレゼント企画を行っております。羽根つきで与えられる顔に墨で落書きをされる罰は、墨に厄除けや病気除けの効果があるとされ、羽根つきの最中に羽子板が割れることも「役が割れた」として、縁起の良い事とされました。また、凧は「空高く舞い上がる」ことから、こどもがたくましく成長することを願って揚げていました。

この度、正月の文化を是非全国の方々に広く知って頂きたく、この度ご連絡させて頂きました。

1x1.trans 日本の伝統文化である正月飾り「羽子板」、「破魔弓」。 その文化啓蒙のため、お祝い頂くお客様にお正月遊びである羽子板、凧をプレゼント致します。 1x1.trans 日本の伝統文化である正月飾り「羽子板」、「破魔弓」。 その文化啓蒙のため、お祝い頂くお客様にお正月遊びである羽子板、凧をプレゼント致します。 1x1.trans 日本の伝統文化である正月飾り「羽子板」、「破魔弓」。 その文化啓蒙のため、お祝い頂くお客様にお正月遊びである羽子板、凧をプレゼント致します。 1x1.trans 日本の伝統文化である正月飾り「羽子板」、「破魔弓」。 その文化啓蒙のため、お祝い頂くお客様にお正月遊びである羽子板、凧をプレゼント致します。

このプレスリリースに関するお問い合わせは
株式会社吉浜人形
取締役本部広報部長 神谷将文
〒444-1331 愛知県高浜市屋敷町1‐5‐14
TEL 0566-52-2111 FAX0566-52-2711
http://www.yoshihama.co.jp/
携帯090-9726-3744 Email masafumi@yoshihama.co.jp

Copyright(c) 2012- 株式会社吉浜人形 All Rights Reserved.